暮しに役立つ電気代の節約についてご紹介します。
トップページ > 光熱費の節約 > 電気代の節約



+++電気代の節約+++


生活に密着している電化製品。
ほんのちょっとの「気配り」で 大きな節約に。
毎日使うものだから、地道な節約が大きな差を生むかも!?

電気代の節約
節約方法 お得度 詳細
 コンセントを抜いて待機電力カット 月約300円お得 詳細
 白熱灯から蛍光灯へ
月約150円お得 詳細
 家電の買い替えポイント
年約7000円お得 詳細
 テレビ画面の明度 月約100円お得 詳細
 耳寂しいときは・・・ 月約95円お得 詳細
 節電用コンセント活用 年約1000円お得 詳細
 アンペアを下げる   詳細
 掃除機は「弱」で   詳細
 電化製品の掃除はこまめに 月約153円お得 詳細
 ちょっとの掃除はホウキとちりとりで 月約100円お得 詳細

 

電気代の節約 〜キッチン編〜
節約方法 お得度 詳細
 冷蔵庫は詰め過ぎない 月約220円お得 詳細
 冷蔵庫の開閉は少なく 月約157円お得 詳細
 ご飯は冷凍! 月約150円お得 詳細
 湯沸しポット→魔法びんに 月約100円お得 詳細
 熱いものは冷ましてから冷蔵庫へ 月約200円お得 詳細

 コンセントを抜いて待機電力カット 月約300円お得
使用していない家電でも、コンセントが入っていると、微量の電力を
消費してしまいます。
就寝中や留守中に限らず、コンセントを抜く習慣を!
長時間の外出や就寝中は、ブレーカーも落とすと、さらに節約できます。
▲Page Top

 白熱灯から蛍光灯へチェンジ! 月約150円お得
長時間使用する部屋の明かりは、白熱灯より蛍光灯を使ったほうが、
消費電力が少なくて済みます。
しかも寿命は長持ち!
▲Page Top

  

 家電を買い替えるなら、節約タイプのものを 年約7000円お得
最近の大型家電は、省エネタイプのものが多く出ています。
だいたい年約7000円以上は節約できるので、
古い家電を修理するなら、思い切って買い替えたほうがオトクです。
▲Page Top

 テレビ画面の明度を適正な明るさに 月約100円お得
テレビの明度を最大から標準に下げると、電力を約30%カットできます。
私も、よーくテレビを見てみたら、明度が最大になってました。
標準でも、そんなに変わらないですよ〜。
▲Page Top

 耳寂しいときはTVよりラジオ! 年約95円お得
なーんとなくTVつけてるときってありませんか?
TVだと電気代が高いので、耳寂しいときはラジオかCDで!
▲Page Top

 節電用コンセントを活用しましょう 年約1000円お得

私も愛用している節電用コンセント。
コンセントの差し口にひとつひとつスイッチが付いている節電用のプラグです。
使わないときはスイッチをオフにすると待機電力がカットできる優れものです。

▲Page Top

 アンペアを下げる  
電力会社に連絡すれば、工事費無料でアンペアを下げてくれます。
2〜3人家族なら20Aで十分ですし、自然と電気の無駄遣いをなくせるので、
節約にはうってつけです。
▲Page Top

 掃除機は「弱」で十分  
スイッチを「強」にすれば、消費電力もその分大きくなります。
フローリングや畳なら「弱」で十分ゴミが取れます。
また、掃除機は吸い込みの強弱ばかりでなく、ヘッドによっても
ゴミの取れ方は異なるので、じゅうたんにはブラシヘッドを使うなど工夫すると、
さらに節約できます。
▲Page Top

 電化製品の掃除はこまめに 月約153円お得
掃除機やエアコンのフィルターを汚れたままにしておくと、消費電力が倍増します。
冷蔵庫や洗濯機の裏もチェック!
エアコンなら2週間に1度の掃除が理想です。
▲Page Top

 ちょっとの掃除はホウキとちりとりで! 月約100円お得
軽い汚れなら掃除機を使わず、ホウキとちりとりで。
掃除の前にザッとお部屋を片付けておいておけば、掃除機を使う時間を短縮できます。
ダイエットにもなるし、一石二鳥!
▲Page Top

 冷蔵庫の詰め過ぎには要注意! 月約220円お得
ギッチリ詰めた冷蔵庫は冷気の循環が悪くなり、余計な電力を消費します。
常に整理しておけば、賞味期限切れの食材もなくなります。
▲Page Top

 冷蔵庫の開閉をなるべく少なくする 月約157円お得
ムダに冷蔵庫を開けると、冷気を逃がし、ムダな電力を消費します。
中身をメモに書き出して、扉に張っておくと、回数を減らすことが出来ます。
▲Page Top

 ご飯は冷凍! 月約150円お得
炊飯器で長時間保存するなら、多めに炊いて冷凍し、食べるときに
レンジで温めたほうがオトクです。
▲Page Top

 湯沸しポット→魔法びんに! 月約100円お得
湯沸しポットは、保温でも電力を使います。
お湯を魔法びんに移すか、毎回沸かしたほうがお得です。
▲Page Top

 熱いものは冷ましてから冷蔵庫へ 月約200円お得
熱い食材は、庫内温度が上昇し、消費電力が上がります。
冷ましてから入れるとグッド。
▲Page Top







 
<< >>
光熱費の節約
電気代の節約
ガス代の節約

水道代の節約

生活費の節約
生活費節約法
金券ショップ活用法
学習費の節約
交通費の節約
重曹活用法
   

 

copyright(c) 2006 節約しながら素敵な暮らし All Rights Reserved.