暮らしに役立つガス代の節約についてご紹介します。

トップページ > 光熱費の節約 > ガス代の節約



+++ガス代の節約+++


生活に欠かせないガス。
ほんのちょっとの「気配り」で 大きな節約に。
毎日使うものだから、地道な節約が大きな差を生むかも!?

電気代の節約
節約方法 お得度 詳細
余熱を利用
月約600円お得 詳細
鍋底の水滴は拭きましょう
月約30円お得 詳細
中火が基本 月約60円お得 詳細
給湯器の設置温度は下げましょう 月約150円お得 詳細
お湯を沸かすときは給湯器から 月約60円お得 詳細
鍋底の広いものを使う 月約120円お得 詳細
落しブタがポイント 月約430円お得 詳細
1つのコンロを続けて使う   詳細

 

余熱を使って調理! 月約600円お得
一回煮立たせてからすぐにバスタオルで巻くと、弱火調理と同じ効果があります。
さらに上から重いものを乗せておくと、蒸気がもれず、さらに味がしみます。
煮込み料理に最適です。
▲Page Top

やかんや鍋底の水滴は拭きましょう。

月約30円お得

やかんや鍋底に水滴がついていると、水分を蒸発させるのに余計なガス代が
かかります。
火にかけるときは、水滴を拭きましょう。

▲Page Top

中火が基本! 月約60円お得

鍋の底から炎がはみ出るような強火にしても、威力は中火と同じ。
はみ出している分はムダです。
特にお湯を沸かすときは、中火を鉄則に!

▲Page Top

   

給湯器を設定温度は下げましょう。 月約150円お得
洗い物なら高い温度は必要なく、38度もあれば十分。
台所でお湯を使うときは、設定温度を下げましょう。
お風呂のときに戻せばOK!
▲Page Top

お湯を沸かすときは給湯器から! 月約60円お得
お湯を沸かすときは、温水から沸かしたほうが、時間もガス代も節約!
給湯器の温度を50度くらいにしておくのがベスト。
でもあまり温度を上げすぎてしまうと、逆に不経済になってしまうので、要注意!
▲Page Top

料理は、底の広いお鍋で! 月約120円お得

底が広ければ、それだけ熱伝導率がよくなり、調理時間も短縮できます。
パスタをゆでるときは、フライパンがベストですよ!

▲Page Top

煮物を作るときは落し蓋を! 月約430円お得
落し蓋を使うと、加熱時間が短縮できる上、味も均一になじみます。
麺類をゆでるときにも!
▲Page Top

1つのコンロを続けて使うとお得!  
1回の食事の支度には、1つのコンロだけを使用。
1品ずつ調理し、コンロが温かいうちに次の鍋をかけるようにすると、
熱伝導率がよく、ムダがありません。
▲Page Top

  

<< >>
光熱費の節約
電気代の節約
ガス代の節約

水道代の節約

生活費の節約
生活費節約法
金券ショップ活用法
学習費の節約
交通費の節約
重曹活用法
   

  

copyright(c) 2006 節約しながら素敵な暮らし All Rights Reserved.