家計簿いらず!ズボラでも十分貯まる!Mie流ズボラマネー管理術をご紹介します。
トップページ > 貯金・貯蓄のヒント > ズボラマネー管理術



ズボラでも十分お金は貯まります♪(笑)
貯金・貯蓄のヒント
ポイントが早く貯まるカード
ポイントを貯めるコツ

生活費もカードで!

家計簿、ホントに必要?
ズボラマネー管理術
私、保険に入っていません
医療保険の節約

 

 


・家計簿をつけてみたけど途中で挫折した
・家計簿をつけてもあんまり節約できてない
・忙しくて家計簿をつける暇がない
・レシートを取っておいたりするのが面倒



・・・そう!私です。
家計簿ー?面倒くさい〜。

でも 、節約とか貯蓄には興味があるんだからどうしようもない(笑)。

家計簿もちゃんと毎月つけています。
どちらかというと、最近は趣味になってもいます。
レシートはレシートが入れられる袋が付いてる家計簿を買っているので、散乱・紛失心配なし。

うわー。えらい変わりよう・・・^^;

何かきっかけがあったの??
いいえ。ありません。

ただ、「キッチリつける」のをやめただけ(笑)。

そして、お金の管理法を自分なりにルールを作ってみました。
これならきっと誰でもできます!
なぜって?
誰よりもメンドくさがりな私でもなんとかできているからです〜^^

私の毎月のズボラマネー管理術はこちら・・・・↓

 銀行は月に1回だけ

何回も銀行に行くと、どんどん下ろしちゃって、いつ何に使ったのかわからなくなっちゃいます。
ですので、銀行に月1回11万円下ろしたら、それでやりくりします。

【月11万円の内訳】
食費40.000円、日用品5.000円(カードで買わないもの)、夫のおこづかい50.000円、
私のおこづかい5.000円、特別支出10.000円=110.000円
(ほかの生活費は基本的にクレジットカードで支払います。)

何度も行かなくてすむので楽チンですし、1回11万でやりきるぞ!と気合をいれると、
それなりにがんばれます♪

もし、どうしてもたりなくなったら、追加で下ろした分は次月の借金という形にして、
次の月またがんばります。
そうしたら自然と月の支出が安定してきました。


 お財布には生活費だけ入れる

以前は「自分のお金」「家庭のお金」というふうにお札入れのところを
レシートなどで区切って分けていましたが、結局グチャグチャに。

ならば、いっそのこと生活費だけお財布に入れて、私のお友達とのカフェ代などは
後で精算・・・(ちゃんとしてる・・・ハズ(笑))というふうにしました。

ですので、月に1回5万円を入れて1ヶ月をすごします。

ここから出すのは、食費、日用品だけ。
(日用品については、カードで買えない場合のもの。)
お財布から出す項目が多くなると、何にいくら使ったかわからなくなるので、
この2つにしぼりました。

じゃあ、もしお金がたりなくなったり、慶弔費など急に必要になったらどうしてるのか?

それは・・・・

 予備袋を作っています。

銀行の封筒に、現金を数万円入れたものを「予備袋」として、急な出費の際に備えています。

たいていは5万円くらいはいっているかな〜。

もし生活費が足りなくなって予備袋から借りた場合は、いくら借りたかメモしておいて、
あまったときにちゃんと返すようにしています。

また、お財布の現金があまっても、こちらに。

そして、予備袋には1000円札を混ぜておくのがポイント
1万円しか入っていないとホントは2000円欲しいだけなのにぜーんぶ使っちゃうから(笑)。

予備袋の使った金額は次回、銀行に行った際に使った分を補充するだけ。
ラクチンです♪



 クレジットカードを多用しています。

毎月の固定費(食費、生活費)はお財布から。
光熱費(ガス・電気)、Yahoo!BB、交通費(回数券、定期券)
医療品などカードOKの生活費など・・・
我が家の支出のほとんどをクレジットカードでの支払いにしています。

→くわしくは「ポイントがすぐ貯まるクレジットカード」

明細書が家計簿代わりになるので、手間が省けてとってもラク^^(ポイントも貯まるし♪)
最近「レシート家計簿」といってレシートを張るだけの家計簿がありますが、
その貼ってる時間も趣味にあてたい〜^^;

しかもクレジットカードの支払日は毎月ほぼおなじ。
いつ引き落とされるのかが把握できますので、月の予算割がしやすいという利点もあります。

でも、使った金額はちゃんと把握してきたいので・・・
クレジットカードで支払いをしたら、スケジュール帳(家計簿でもOK)にちょこっとメモ。

金額は端数を切り捨てるのがポイントです。
たとえば、「医療品 3000円」というふうに。
これならズボラな私でも続けられます(苦笑)



・・・いかがですか??

これなら家計簿がなくても、毎月定額のお金でやりくりできます。

家計の支出は何にどれくらい使っているのかなど、だいたいの収支がつかめていれば
OKだとおもっています。

こんなアバウトな方法でも、貯金はしっかり毎月できるようになりました。

コツコツ家計簿をつけるのが苦手な方。
あきらめるのはまだ早いですヨ〜!




<< >> 私、保険に入っていません  
copyright(c) 2006 節約しながら素敵な暮らし All Rights Reserved.